バレンタインにオレオの白いクリームだけもらった

今日はバレンタインデーですね。

常日頃、人と関わりがなく引きこもりの僕には関係ないことだと思っていました。

ですがネットの知人(男性1名女性1名)からバレンタインのプレゼントを頂きました。

 

プレゼントを頂きました。

 

僕はバイセクシュアルですが、この二名に対しては特に恋愛感情を抱いていません。なのでなんとなくプレゼントをあけました。最初にあけたのは男性の方からのプレゼントです。ラッピングもなくただのダンボールにガムテープをぐるぐる雑に貼って閉じてありました。非常に開けるのがめんどくさかったです。二度と梱包作業をしないでほしい。

ラップに白い円盤型の何かが10枚ほど包まれています。クール便で来たので生チョコだとてっきり思っていましたが違うようです。

 

ラップを外して一枚丁寧に剥がし食べてみるとめちゃくちゃ甘いなにかでした。

 

おそらくオレオの真ん中です。僕の人生経験だとソレしか思い浮かびません。ソレだけで食べるととても甘く「あぁオレオはオレオだからオレオなんだ。完成されてるんだなぁ」としみじみ感じていました。

2枚と一口食べたところで一旦ギブアップ。もう食べられません。明日食べたりクッキーやビスケットにつけて食べようと思い残りはまたラップでくるみました。

 

次に女性の知人から頂いたものです。これまたラッピングもなく簡素な箱に入れられていました。中を開けると腐敗臭が印象的でありました。エグい臭いです。中を見てみると内側にアルミホイルを丁寧に貼り付けてあり、その中に液体が入っていました。

箱の素材は紙です。なのに液体を入れるためにわざわざアルミホイルを丁寧に隙間なく漏れがないように厚く貼り付け、腐ったなにかを送りつけてきたのだ。運んでいる期間に腐ったのかもしれないが。

 

液体の色はくすんだ白。表面にはなにかの塊が浮いています。それの色も白。

 

私は手のひらでエネルギーを感じることができるタイプの人間なので、中指の付け根の少し舌にその浮かんでいた塊をのせ成分分析を行いました。

オレオの真ん中でした。

彼と彼女は僕に対してオレオの真ん中を送りつけてきたのです。

チョコレート成分を一切排除してミルキーな部分だけを提出してきたのです。

彼らは何のために、僕に何を思ってオレオの真ん中を送ってきたのでしょうか。

 

男性の思いから考えてみます。まぁ単純にオレオが好きなのでしょう。それをシェアしたかった。そのきもちをシェアしたかった。その一心で彼はオレオを剥がし丁寧に分け僕に送ってくれたのでしょう。その労力は凄まじいものであったはずです。頭が上がりません。

 

女性の思いも考えてみます。これは難しいですよ。まず最初にはじめから腐っていた場合、これは僕のことを嫌いであることはほぼ間違いなさそうですよね。だからアルミホイルを貼る労力もいとわなかった。ただ相手を不快にしたかった。
もし腐っていない状態で発送して、途中で腐ることに気が付かないドジっ子だった場合。かわいいですね。以上です。

 

こうなってくると、人が普段どうでもいいと思っている日常のことや人の行動全てに意味を見出そうとしてくる自分のことが心底嫌になった。

もっと気楽に生きたい。そう思うのだった。

 

正直な話、やるならホワイトデーにしてほしかった。

 

 

 

全部嘘です。

The following two tabs change content below.

ぬるきん

身売り顔出し担当偏差値6億.com
無職で自分を切り売りしているおじさん。 女装したりタンバリンを叩いたりしながら生きています。 ワインで頭を洗えば、僕のファンができた時にファンの皆様が飲シャンしやすいと思うのでずっとワインで頭を洗っています。

コメントする

CAPTCHA