夢日記 2018年4月11日

どこかの学校の生徒である私は山の上の建物でバーベキューをしていた。
だがこの学校のバーベキューは数人の生徒をランダムに殺して食べる週間があることにきづき、おそれをなして脱出。

ヤギや鹿などに体当たりされながらも麓まで降りる。その際一緒に行動した小学校からの同級生がいた。

麓まで降りると脱走がバレていて、爆薬が積まれた台車をみんなで数m進めれば許してくれるというので、みんなで押していたところカチッという音とともに大爆発。数名がぐちゃぐちゃになり死んでしまい、私は顎に細かいガラス片のようなものがいくつか刺さる程度で済んだ。取り除いたら跡も残らなかった。

しかしこの爆薬を設置したのが小学校からの同級生だったということを知り、クラス全員で殺しに行くことになった。僕だけがそいつの場所を知っているので正義に従い身内を差し出すか、自らの正義を作り知人を守るか考えていた

END

The following two tabs change content below.

ぬるきん(あずま)

身売り顔出し担当偏差値6億.com
無職で自分を切り売りしているおじさん。 女装したりタンバリンを叩いたりしながら生きています。 ワインで頭を洗えば、僕のファンができた時にファンの皆様が飲シャンしやすいと思うのでずっとワインで頭を洗っています。

コメントする

CAPTCHA