「人間らしさショー」15分で作る即興小説(ショートショート)

娯楽は淘汰された。

すべての人間はより「人間らしく」生きるために人生を捧げなければいけなくなった。
「何も考えずに」ただ「思考する」ことを求められていた。

ただ唯一、娯楽として残されたものがあった。

サーカスだ。

サーカス団員になれるのは上流の者だけであった。

運動やパフォーマンスを行うことでお金がもらえる。
それに加えて、「人間らしさ」を求められない。人間らしくないほうが喜ばれるまである。

「人間らしく」生きるものは、「人間らしく」みえない者であるサーカス団員を見ることで興奮、驚き、衝撃を受け活力としていた。憧れでもあった。

音楽、絵を作り上げることは全て論理的でなければならなかった。裏付けが必要とされていた。それが「人間らしさ」であるからだ。

それに反発するものもいた。それはそれで「人間らしい」ので機構からは放置されていた。

しかし、「人間らしく」ない者もいた。それは、一昔前なら誰がどう見ても人間であった。

ただ、少し人と違うだけであった。現代において、このような者たちは「人間らしさ」の評価軸からずれてるとされ矯正させられていた。

非常にストレスに感じる者も当然いた。自害した。しかし、機構はそれを問題だと思っていなかった。自ら死を選ぶことは「人間らしさ」の象徴であると考えているからであった。

ある日、サーカス団はいつものようにショーをして会場を沸かせていた。

ゴマ塩のゴマと塩を素手で完全に分別する。

大人気のショーだ。思考もせず無駄な行為であるため、誰もやらないのである。

しかし、サーカス団員は違う。「人間らしく」ない行動を見せて、ご飯を食べていくのである。

スッとゴマを別皿へ取り分ける。
静寂が続く。
スッと塩を取り分ける。
咳払いが鳴り響く。
最後の一粒のゴマを空中に投げ飛ばし、空中ブランコ担当のサーカス団員がきれいに口でキャッチしてみせた。

会場は大盛りあがりだ。
「無駄だー!」
「意味がない!」
「俺もやりたい!」
「ママー!ボクもゴマ塩とりわけたいよ~!」「人間らしく生きなきゃダメ!」「ケチ~!」

また、今日も普通の人間がサーカス団員として働く。

「人間らしく」ないとされる、ちょっと変わった人間は今日もまた苦痛を感じながら「思考」を強要され続けている。

The following two tabs change content below.

ぬるきん(あずま)

身売り顔出し担当偏差値6億.com
無職で自分を切り売りしているおじさん。 女装したりタンバリンを叩いたりしながら生きています。 ワインで頭を洗えば、僕のファンができた時にファンの皆様が飲シャンしやすいと思うのでずっとワインで頭を洗っています。

コメントする

CAPTCHA